日本人のほぼ9割が陥る中国語の罠

中国語を勉強してから、きっと一番使う単語の「是 Shì」

「我是日本人」

「這是什麼?」

きっと一番初めに覚えた文法ではないでしょうか?
そんな文法にも使われている「是 Shì」という単語。
この発音を日本人の8割は間違えて発音してしまっています。

ピンインから来る間違えポイント

「是 Shì」

と見てもらっても分かる通り、ローマ字読みをすると「シ」となっています。
そう。
日本人がこの「是 Shì」を発音する時、8割の人が「シー」と発音していまいます。
でも実際の発音は「スゥ」(巻舌音)なんです。
カタカナだと明確に違いがわかりますよね。

その他にも間違えやすい発音はたくさん。

ローマピンインを使って学習している方にとっては、どうしてもローマ字読みをしてしまう癖がありますので、
意識して注意しないと改善されにくいんです。

そういった部分も講座ではしっかりと指摘しながら、指導を進めていきますので、
他の方よりも一歩進んだ中国語の発音を学ぶことができます。

発音は気にしなくてもOK。と指導していきますが。
気づいたら正しい発音が話せるようになっていた。
そんな指導を心がけています。

発音はそれほど気にしなくてもOKです。

一括りに中国語といっても、方言が沢山あるのが中国語の特徴です。

上海語、北京語、広東語、台湾語、福建語

上げるとキリがないほどあります。
日本でも、地域によってアクセントが違うように、中国でも地域によってアクセントも違います。

上記で上げたのアクセントも同様です。
地域によってのアクセントも違うため。

実はそこまで過剰に気にしすぎる必要はないんです。
まずはそれよりも、もっと楽しく、もっと話せるように色々な文法などを覚えるのが大切です。

中国語講座60分体験レッスン無料キャンペーン中

日本人のほぼ9割が陥る中国語の罠

現在コミットプラスでは中国語講座/台湾式中国語講座の

60分体験レッスンを実施しております。

気軽に中国語を体験してもらえるプログラムになっていますので是非是非ご参加下さい♪