【台湾式中国語】実際によく使われる挨拶って?

一応習うけど実際使わない単語。

【台湾式中国語】実際によく使われる挨拶って?

姫路、明石、加古川近辺で唯一の台湾式中国語講座を持つコミットプラスでは、

日常的に使われている生きた中国語をメインに指導していきます。

兵庫でも珍しい、台湾の語学学校で採用されている視聽華語を使って授業を進めます。

どの教科書にもありがちなのが、

「実際は使わない」っていう単語が多くあります。

知識として覚えておかなければいけない単語もあるのですが、

もはや死語となってしまった、古い言い方も教科書には出てきます。

そういった単語は加古川のコミットプラスでは、

「覚えなくて良いですよ」とはっきりと伝えています。

あいさつに関して

【台湾式中国語】実際によく使われる挨拶って?

さて、中国語学習では、まずは挨拶から学んでいきます。

你好 Nǐ hǎo:こんにちは

謝謝 Xièxiè:ありがとう

中国語を学ばれた事ない方でもご存知の方も多いことでしょう。

この2つは本当によく使われます。

その他にも幾つか、日常的に使われる挨拶、

使われない挨拶も交えてご紹介していきます。

早安  Zǎo ān/早 zǎo/早上好 zǎoshang hǎo

意味:おはようございます

最後の早上好は台湾では使われません。

中国で一般的に使われています。

でも通じないってわけではないので使っても問題ないです。

そして、この3パターンの使い分けもなく、完全に意味も感覚も同じです。

晚安 wǎn ān

意味:おやすみなさい。

眠る前に使いましょう。

おやすみなさい。

晚上好 wǎnshàng hǎo

意味:こんばんは

日本語のこんばんはに当たる晚上好ですが、あまり日常的には使われず、

你好で挨拶を交わす事がほとんどです。

全く使わない事はないのですが、你好だけで正直問題ないです。

您好 nín hǎo

意味:こんにちは(とても丁寧な言い方)

目上の人に対しての、こんにちは。

とても丁寧な良い方ですので、覚えておきましょう。

對不起 duìbùqǐ /不好意思 bù hǎoyìsi

意味:すみません。/ごめんなさい。

ごめんなさい。という意味合いの単語です。

不好意思とニュアンスの違いが理解しにくいと感じる方も多いのですが。

對不起の方が重たいニュアンス

不好意思の方が對不起よりも軽いニュアンスといった違いがあります。

実際どっちを使っても意味は一緒なので、

使いながらニュアンスの違いを徐々に感じていってください。

生きた中国語が学べる講座!

【台湾式中国語】実際によく使われる挨拶って?

加古川に教室を構えるコミットプラスの台湾式中国語講座では、

ネイティブの台湾人講師による、生きた中国語が学べます。

そして、半年で中国語をマスターした日本人講師による、

中国語の細かなニュアンスから、日本人に適した文法解説を行います。

個別レッスンもグループレッスンも贅沢なダブルティーチングを採用!

中国語を楽しく、簡単に、スピーディーに取得できるよう。

全力でサポートいたします!

現在60分の体験レッスンが受講できますので、お気軽にお問い合わせくださいね♪

お問い合わせはお気軽に♪

受付時間:14:00〜21:00

メール/LINEは24時間受け付け中♪

定休日:日曜日