【台湾式中国語講座】発音記号の違い。

台湾と中国の発音記号

【台湾式中国語講座】発音記号の違い。

台湾式中国語講座を受講される方に

「発音記号は何で学びたいか」

を必ずお伺いしています。

実は台湾と、一般的な中国語では発音記号が違うんです。

今回は発音記号についてご説明していきます。

昔ながらの発音記号

まずは発音記号の違いを分かりやすく説明いたします。

【台湾式中国語講座】発音記号の違い。

上記が台湾で一般的に使われている発音記号「注音」

下記が今中国語学習で一般的に使われている「ローマピンイン」

ぱっと見ていただいただけでも、その違いがわかっていただけるかと思います。

注音の方はなんだか漢字の部首みたいですね。

注音、ローマピンインが発明される前から使われていた発音記号と言われています。

ローマ字を活用しないことから、注音で学んだ方が、発音はよくなるとも言われています。

ですが、日本人にとっては「注音」を覚えるというハードルが若干高いのです。

すぐに読めるローマ字を活用した発音記号があるのであれば、それを使ってしまいたいですよね?

というわけで、私共では、特にこだわりがなければ、

「ローマピンイン」での学習をお勧めしています。

ですが、ご要望があれば注音での指導も行っておりますのでご安心ください。

発音記号は違うけど、発音は一緒

【台湾式中国語講座】発音記号の違い。

発音記号の見た目は違いますが、同じ言語ですので、

発音が変わってしまうとか、意味が変わるってことはありません。

日本で中国語学習をするのであれば、ローマピンインをお勧めしています。

理由は

  • 発音記号の学習がスムーズ
  • 注音の教材が日本にはない
  • 注音対応の辞書が日本にはない

といった具合で、いろいろなハードルがあるためです。

弊社で、台湾の教材を取り寄せることも可能ですが、

日本語対応の教科書は台湾にもない為、その辺りのことも覚悟した上で学ばなければなりません。

ですが、やはり注音で学習したい!という方であれば、

視聽華語という教科書がお勧めです。

日本語は書いていませんが、

簡単な英語と全単語に注音表記がされているほか、

この教科書で上級者まで対応することが可能です。

 

台湾式中国語講座なら

【台湾式中国語講座】発音記号の違い。

現在コミットプラスでは台湾式中国語講座の体験レッスンを実施中です!

ご予約はメールからでも、お電話でも受け付けていますので、

お気軽にご連絡ください♪