【台湾式中国語講座】台湾語と中国語の違い。

台湾って何語かご存知ですか?

【台湾式中国語講座】台湾語と中国語の違い。

台湾って台湾語ですか?

と度々質問を受けますが、台湾は中国語を話します。
では、台湾語はないの?というと、

「台湾語はあります。」

ですが、中国語と台湾語はまったく違う言語です。
どれくらい違うかというと、関西弁と沖縄弁くらいの違いでしょうか?

講師の李は中国語・台湾語が話せますが、講師の萬野は中国語しか話す事ができません。

ですので、李が台湾語を話すと、萬野は一言も理解する事ができません。
中国語がどれだけ喋れても、一切理解ができない。
まったく別の外国語。と認識してもらうのが一番いいかと思います。

中国語と台湾語の違い。

【台湾式中国語講座】台湾語と中国語の違い。

では、台湾語がどれほど違うかについてご説明します。
今回はわかりやすいよう、ピンインではなく、カタカナで表記します。

こんにちは

中国語:ニーハオ

台湾語:リーホー

私は日本人です。

中国語:ウォースゥーリーベンレン

台湾語:ワシリップンラン

ご飯を食べる。

中国語:ツーファン
台湾語:ジャップン

中国語と台湾式中国語の違い。

台湾語と中国語がまったく違うというのが分かっていただけたかと思います。
では、加古川のコミットプラスで開講している「台湾式中国語」と「中国語」の違いについてご説明いたします。

台湾式中国語

1.繁体字

2.巻舌音が少なめ

中国語

1.簡体字

2.標準の発音(巻舌音をはっきりやります)

始めての中国語学習には台湾式がおすすめ。

もしこれから中国語学習を始められる方には、台湾式中国語をおすすめしています。

理由は

1.漢字が日本語に近い

2.発音が日本人に発音しやすい

3.日本語と同じ発音、意味の台湾語を活用できる。

といった部分にあります。
中国語との明確な違いですね。

台湾式の中国語って台湾でしか通じないの?

台湾式中国語は世界中で通じます!
台湾人の李と日本人の萬野は、マレーシア、シンガポール、香港、マカオ、上海など、多くの地域の方と交流してきましたが、

全てこの台湾式中国語で交流しています。

多少の単語の違いはありますが、基本は同じ中国語ですので、伝わらないという事がありません。
なので、「会話」に重点を置かれる場合は、

台湾式中国語で学ぶのがおすすめです。

体験レッスン開講中

【台湾式中国語講座】台湾語と中国語の違い。

加古川のコミットプラスの「台湾式中国語講座」では、現在60分間体験レッスンを実施中!
友達同士での受講も可能ですので、是非お気軽に中国語学習を体験してみてください♪

お問い合わせはお気軽に♪

受付時間:14:00〜21:00

メール/LINEは24時間受け付け中♪

定休日:日曜日