【台湾式中国語講座】台湾で人気のアーティスト

中国語に触れていこう

【台湾式中国語講座】台湾で人気のアーティスト

語学を学ぶ上で、現地の文化を知るというのはとても大切です。

そして、毎日中国語なら中国語、英語なら英語に触れることで、

少しづつ自分の中にストックされていき、自分の糧になります。

加古川のカルチャースクールコミットプラスの台湾式中国語講座でも、

生徒の皆様に、

「毎日5分でも10分でもいいので中国語に触れてください」

とお伝えしています。

台湾の曲を聞いてみよう

中国語を学ぶ上で、音楽を聞きながら覚えるというのはとても効果的です。

歌詞の内容を自分で翻訳してみたり、

好きなアーティストがいれば、それについて調べるうちに、

中国語の勉強にもなりますし、台湾の文化についても触れることができます。

今回はそんな台湾の流行歌を中心に、

台湾式の中国語を学ばれたい方にオススメのアーティストをご紹介していきたいと思います。

五月天

先日日本武道館でも公演を行った、台湾の人気ロックバンド五月天。

台湾では国民的なアーティストです。

盧廣仲

台湾では珍しいシンガーソングライター。

かつ、ブルージーな楽曲が印象的なアーティストです。

歌詞が中国語初心者にとって優しい曲も多いのでオススメです。

そして、楽曲の背景も面白いためアーティストの事を調べるのも勉強にプラスかもしれませんね。

白安

発音が中国訛りが強いですが、台湾人の白安。

ポップでキャッチーな曲も多く女性アーティストです。

捲舌音のリスニング強化にいかがでしょうか。

李榮浩

中国人アーティストですが、台湾でスマッシュヒットを飛ばし、

中国よりも台湾アーティストとしての地位を確率した李榮浩。

歌詞は中級者〜上級者でも、難しいと感じる単語や使い回しが多いですが、

名曲が多いため是非翻訳に挑戦してほしいアーティストです。

嚴爵

台湾の東區でご飯を食べていた時に、元カノとご飯を食べているところを目撃した嚴爵。

そんなどうでも良い情報はさておき、

とてもキャッチーで可愛らしい楽曲が多いほか、

台湾語の曲や、歌詞も簡単な曲も多いため、楽しくきけるアーティストの一人です。

前進樂團

最後に、台湾人でも中国人でもありません。

イギリス人によるバンド前進樂團。

初心者にも解りやすい歌詞、流暢な中国語で歌われる楽曲が、

見た目とのギャップに違和感を覚えますが、初学にはとてもベストな教材だと思い、

今回紹介しました。

「對不起我的中文不好」は本当によく使うフレーズなので、

楽曲と一緒に覚えてしまいましょう

台湾式中国語を学びませんか?

【台湾式中国語講座】台湾で人気のアーティスト

台湾式の中国語に触れてみませんか?

日本人にとって発音のしやすい台湾式中国語を学べるのは、

兵庫では加古川のコミットプラスだけ!

体験レッスンも実施中ですので、是非お友達とお誘い合わせの上ご参加ください♪