【台湾式中国語講座】英語と中国語って本当に似てるの?

中国語講座講師の萬野です。

今日は巷でよく言われている。

中国語と英語は似ている

についてお話しして言おうと思います。

あと、基本文系についてもお話していこうと思います。

英語と中国語の似てるところ

【台湾式中国語講座】英語と中国語って本当に似てるの?

基本文系【SVO】

中国語と英語が似ていると言われる要因の一つに文型があります。

日本語は【SOV文型】と言われており。

主語目的語動詞

「私は(主語)ご飯を(目的語)食べる(動詞)

という文型になっています。

そして、中国語と英語は【SVO文型】です。

英語

I(S) ate(V) apples(O)

中国語

(S)(V)飯了(O)

といったように文型が一緒なんです。

でもあくまでもこれは基本文型のお話。

それ以外の部分では実は全然似てなかったりするんです。

英語と中国語の似てないところ

【台湾式中国語講座】英語と中国語って本当に似てるの?

動詞変化がない。

be / is / am /are / was / were / been / being

といった動詞の変化を学校の授業で覚えたかと思います。

英語だと避けては通ることのできない動詞変化

複数形ならare

過去形ならwas

覚えるだけでも大変ですよね。

でも中国語にはそんな厄介な動詞変化がありません。

私達と表現したい場合。

英語だと【We】

中国語だと【我們】となります。

日本語で言うところの私達の【】が我們の【】にあたります。

こうやって考えると、どことなく日本語に近いんじゃないかな?って思えてきますよね。

日本語に近い部分。

【台湾式中国語講座】英語と中国語って本当に似てるの?

日本語と同じ文型も

你把書打開

S++O+V

といった文法を使うことで、日本語のSOV型に当てはめてることができます。

量詞

その他にも、中国語には【量詞】があります。

「一個、一本、一冊」

英語にはない量詞が、中国語にはあります。

それも日本語と同じ使い方をするものも多いので、「読み方(ピンイン)」さえ覚えてしまえば対応できることも多くあります。

※日本語と違う使い方をするものも多いですが。。

日本語と同じ単語

日本語と同じ使い方をする単語もとても多くあります。

【民主主義】

【政治】

【衣服】

【学校】

【葱】

などなど、とても多くの単語が日本語と使い方も意味も一緒だったりします。

そのため、日本人にとっては中国語はとても覚えやすく、習得もしやすいんです

楽して中国語を覚えよう♪

外国語ですので、全く日本語と同じではありません。

それでも、中国語と日本語ではとても似ている部分が多くあります。

その似ている部分を上手に活用する

たったそれだけで中国語習得がとっても早くなります!

日本語に似ている部分を積極的に探してみましょうね!

台湾式中国語講座なら

【台湾式中国語講座】英語と中国語って本当に似てるの?

現在コミットプラスでは台湾式中国語講座の体験レッスンを実施中です!

ご予約はメールからでも、お電話でも受け付けていますので、

お気軽にご連絡ください♪

お問い合わせはお気軽に♪

受付時間:14:00〜21:00

メール/LINEは24時間受け付け中♪

定休日:日曜日